top of page

WBCの日本戦で先発したチェコのサムライ-野球編

WBC東京プールでの日本戦に先発したオンジェイ・サトリア(Ondrej Satoria)投手が所属するチームの球場併設のレストランでのインタビュー第二弾。


場所・日にち・天候=チェコ・オストラバのアローズ・パーク 6月26日 晴

聞き手=合田哲郎(AXLE代表)。会話はチェコ語にて。尚、チェコ語のタメ口でしたがこちらではあえて丁寧語に置き換えて書いておりますので悪しからず。


オンジェイ・サトリア Ondrej Satoria

1997年2月26日 オストラバ生まれ 右投げ右打ち 175センチ76キロ

WBC2023年のメンバー。投手。所属はアローズ・オストラバ。

チェコのエクストラリーグでの成績(2022年まで):通算60勝。2012年には14勝、通算3度の二桁勝利。WBC日本戦で先発し、大谷翔平を含むサムライジャパンの選手から三振を奪う。

愛称はサティ(SATY)。


AXLEのショーンの指示通りにWBC公式球にサインをしたサトリア投手

テーマ=野球


「野球を始めた年齢は?」

6歳です。野球をはじめて20年が経ちました。


「野球との出会いは?」

生まれてからオストラバの別のところで住んでいたのですが引越してきたら野球場の近くでした。


「ピッチャーを始めたきっかけは?」

野手もやったのですが、野手だと走塁の練習をしたり、バッティング練習をしたり、ノックを受けたり、色んな練習をしないといけませんがピッチャーの場合色々やらなくて良いので。


「現在の所属のチームは?」

アローズ・オストラバです。野球を始めた時から今までずっとアローズです。最初は別のチームに所属していたのですが専用球場もなく、暫くして潰れました。


「最高球速を教えてください」

人生でですか?


「現在ので良いですが、良ければ人生でも、お教えください」

人生で最速は136キロ。現在は125-130キロの間ですね。136キロの時はコントロールが難しかったのですが今の球速だとコントロールが良くなりました。


「球種を教えて下さい」

ストレート、カーブ、ツーシームにチェンジアップです。


「良ければチェンジアップの握りを見せてくれますか?」

サークルチェンジです。スピードは110-115キロでしょうか。


「フォークボール、スプリットは投げないのですか?」

スプリットはコントロールが難しいので投げません。


「屋根あり、屋根無しの球場の好き嫌いはありますか?」

ドーム球場の方が好きです。風の影響でホームランとかにならないので(笑。


「デーゲームとナイターでは?」

デーゲームの方が良いですね。周りの景色も見えるので。


<編集後記>

最速130キロと本人は言うが日本戦では120キロ台のストレート。そしてチェンジアップが110キロ台なら緩急の差は10キロとスピード幅は決して大きくない。しかしチェンジアップの落差が凄いらしい。尚、このインタビューでは日本戦での先発秘話も聞きました。追ってお知らせ致します。


つづく





閲覧数:351回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page