top of page

WBC日本戦で先発した、チェコのサムライ - 日本編

オンジェイ・サトリア(Ondrej Satoria)投手が所属するチームの球場併設のレストランでのインタビュー第三弾。


場所・日にち・天候=チェコ・オストラバのアローズ・パーク 6月26日 晴


聞き手=合田哲郎(AXLE代表)。会話はチェコ語にて。尚、チェコ語のタメ口でしたがこちらではあえて丁寧語に置き換えて書いておりますので悪しからず。


オンジェイ・サトリア Ondrej Satoria

1997年2月26日 オストラバ生まれ 右投げ右打ち 175センチ76キロ

WBC2023年のメンバー。投手。所属はアローズ・オストラバ。

チェコのエクストラリーグでの成績(2022年まで):通算60勝。2012年には14勝、通算3度の二桁勝利。WBC日本戦で先発し、大谷翔平を含むサムライジャパンの選手から三振を奪う。

愛称はサティ(SATY)。


お勧めしたチョコモナカジャンボを持つサトリア投手(左)とエルコリ投手(韓国戦で先発)。宮崎事前合宿のANAホリデー・インリゾート宮崎にて。

テーマ=日本

「WBCで日本に行く前の日本の印象を教えてください」

台湾には大会で3回行っていたのでアジアの雰囲気を大体知っていました。それにU-18で大阪に行っていましたので。その時は京都とかに行きました。


欧州からは2013年のU-18欧州野球選手権の覇者イタリアと二位のチェコが出場。チェコは日本と同じグループAでファーストラウンド5戦5敗。その後のコンソレーションラウンドでは総合11位で終わる(12チーム中)。尚、台湾とは0-1の緊迫する投手戦の末、惜敗。尚、その時の日本代表には日ハムの清宮選手、ロッテの平沢選手、巨人のオコエ選手などが居ました。


サトリア投手はファーストラウンドのメキシコ戦で先発。

5イニングを投げ、被安打5、3四球、1死球、2奪三振。フライアウト7のゴロアウト6。投球数89球(そのうちストライクが49球)。失点は5だが自責点は0。チームは4-8で敗退。


次の登板はコンソレーションラウンド(7-12位決定戦)の南ア戦。

7回2/3を投げ、2失点。被安打7、1四球。9奪三振。フライアウト6のゴロアウト8。投球数121球。そのうちストライクが84球。2-2の同点で降板したが、打線が9回表に3点を奪いチェコが大会初勝利。


大会では12回と2/3を投げ、自責点2。防御率1.47。


それではインタビューの戻ります。

「それでは事前合宿地の宮崎の印象はどうでした?」

もともと大都市は好きではないし、宮崎は海と山があり、好きなところでした。


「合宿が終わってチームで東京に移動し、東京の印象はどうですか?」

宮崎の方が好きですね。合宿中は青島神社に行ったり、海岸を歩いたり。時間が無くて山に行けなかったのが残念でした。


「日本で驚いたことはなんですか?」

ゴミ箱が無いのにゴミが道端に落ちていないことです。

(編集部注意:逆にチェコ、特にプラハは至るところにゴミ箱が設置されております)


「好きな日本食を教えて下さい」

ラーメンです。とんこつ味が好きです。寿司はチェコでも食べたことがありましたがラーメンは宮崎で初めて食べました(編集部注意:宮崎市青島の幸来ラーメンさんだと思われます)。


「ラーメンを食べたのは宮崎でだけですか?」

東京でも食べました。ホテルの近くのラーメン屋をGoogleマップで探して友達(編集部注意:WBCチェコ代表の他のメンバーのこと)と一緒に行き、そこのラーメンが凄く美味しくて何度も通いました。えっと、ここです。


サトリア投手がGoogleマップで検索し、出したのが麴町駅に近い「極や 麹町店」。 写真を見る食券を券売機で買うシステムに見えるが本人は券売機で買わず着席し、注文したそうです。


「野球以外での日本とチェコの違いを教えて下さい」

日本人は働き過ぎです。仕事とキャリアに拘り過ぎです。


つづく


編集後記

次回でサトリア投手のインタビュー最終回になります。いよいよWBC日本戦そして今後についてです。こうご期待下さい。尚、アップは週明けになります。皆様、良い週末をお迎えください。




閲覧数:363回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page